スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えべっさん

2008.01.10.Thu.17:09
昨日・今日はえべっさんでした。
各地で賑わっていることと思います。
去年のえべっさんは高校生時代よく練習試合をしたチームの子のお子さんが拘束型心筋症で心臓移植をするため、大阪の今宮えびすで募金活動に参加しました。
「ニュースに出てた子やね?」
「頑張ってね」と募金してくれる人の心が嬉しかった反面
募金詐欺がニュースで問題になったりしてるので
「ほんまか?」「うそやろ」と言われたこともあり
事実、募金詐欺があるので仕方の無いことと言え、悲しかったり・・・
でも今宮えびすで50万弱集まり、総額1億3千万円達成。
1月末に腹水を抜きながら渡米、2月末に移植手術が行われ4月に退院、9月に帰国し現在元気に成長しているようです。
今でもちょくちょくHPを見ています。
ひろくんを救う会
ひろくんの元気な様子が分かり嬉しいのと同時にわが子の健康を願い、感謝しています。
ひろくんに感謝しなければなりません。
そして、私からの募金呼び掛けに応じてくれた、ひろくんを知らない私の友人知人にも感謝です。
そんなことを思い出しながら、地元のえべっさんでの餅まきに行ってきました。
老若男女入り乱れての餅まき・・・壮絶でした。
                 餅まき1

                 餅まき2
スポンサーサイト

ひろくん帰国

2007.09.03.Mon.20:17
心臓移植の際、みなさんにご協力いただきましたひろくんが明日帰国します。
ご両親の喜びはいかほどでしょう。
ひろくんの件で知人のありがたさ、そして健康のありがたさを教わりました。

http://www.hirokunganbare.com/

★ひろくん退院★

2007.04.05.Thu.16:30
ひろくんが日本時間4日午前6時半に退院しました。
暖かい心に触れ、私自身が暖かな気持ちになれました。
賛同いただきました皆さん、どうも有難うございました!

今日は娘のボーイフレンドが泊まりに来ています。
入学した時からの両思いだそうで・・・(^o^;)
その彼と仲良しの我息子・・・
年の差3つなんて関係ないって感じで遊んでいます。
ホント幼い息子です。
何歳くらいまで「私らラブラブキラ2はーと」とか言ってるんでしょうね。

★ひろくんを救う会★

2007.02.27.Tue.08:37
1月に高校時代のチームメイトにもらったメールから私の心に灯がついた
【ひろくんに心臓移植を!】と、言う内容。
今まで身近に心臓の悪い人がいなかったからか、
私の目と心が狭かったのか
この問題を真剣に考えたことがありませんでした。
HPを子供に見せ、実際に電話募金をさせ子供の心には
命は尊いんだと言うことがわかってくれたように感じます。
私もそうでした。
ひろくんは大変な思いをしているのですが、
今回募金に関して友人・知人へお願いのメールをし
その対応のほとんどは私にとって込み上げるものがある内容でした。
ありがたかったです。

約1ヶ月で目標金額が集まり、1月23日に渡米。
そして2月24日に移植手術が行われました。
拒絶反応が出ず、元気に帰国できる日を
待っています。

ひろくんを救う会

突然話が変わりますが、「バラ」好きですか?
私は最近一重の野バラがカワイイ!と思っているんですが・・・
小さいのです。
さし木でもよく付くそうなのでどっかで拝借してこようかなっと。

★ひろくん頑張れ★

2007.01.08.Mon.14:19


連日友達・知人にメールや電話でひろくんへの募金を願いしていると
今日、ひろくんのHPに大阪の今宮えびすで街頭募金が行われると
アップされていました。
(なんとか参加したい・・・)
主人に参加したいと言ってみる。
(言ってみるときにはホボ自分の意見を99%決めてるけど)
行っても良いと返事をもらう。
母に子供を看ててもらえるかメールしてみるとこちらも「GO」の返事がもらえました。
「やった!」と思い早速、ひろくんの事務局へFAXをしました。
10分後くらいに返事のお電話をもらい大阪の代表の方の連絡先を聞きました。
今のところ11日に行く予定です。
そのことを夕飯のとき息子と娘に話をしました。
「なんでそんなことするの?」と小4の息子の言葉・・・

ひろくんの病気の話
時間がないと言うこと
自分がこの病気だったらどうか?
家族がこの病気だったらどうか?
と、話をすると次第に下を向き出し、娘は自分のお金を持ってきて募金箱に入れて欲しいと言いました。
息子は「日本にいる1億の人が皆1円ずつ出してあげたら、すぐにお金があつまるのに・・・」と言いました。

私は今、家族が元気だからこそこうして自由に動けるのだと言うことに
感謝し、いつ私が阿波さんご夫婦と同じ思いをするかも知れないんだと思い協力していこうと思います。

ただこんな思いを欺く募金集団に気をつけながら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。