スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一競技に特化 偏り生む

2013.05.22.Wed.12:18
タイトルは2013.5.22朝日新聞朝刊のものです

子どもとスポーツと題して体力低下を危惧した記事になっています

シリーズになっているので、ここのところ続けて読んでいますが、やっぱり私がバレー教室で感じていることは、みんな感じていることやったんや…

体力の偏り

例えばサッカーは得意だけど、ボールを投げれない

その競技に特化した一部の体力は優れているが、それ以外はできない選手が五輪を狙うようなトップ選手でもいるらしい

そういう選手は怪我が多い傾向だそうだ

私が思うに、違う体の力を発達させればもっと伸びるのではないか?ってこと

以前、アメリカでは競技のオフシーズンには違う競技をすると聞いた

子どもの内は多競技を経験させるほうが良いとも聞いたことがある

まっ、小中高でこれだけ全国大会だとか勝利主義があるのはアジアだけらしいから、なかなか多競技ができる環境とは言えないけど

じゃ、できることは…

幼少期から遊ばせて、その時期に獲得する体の力を獲得!

そして色々なスポーツをさせてみる…かな
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。